“泣悲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なきかな50.0%
なきかなし50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“泣悲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
はゝ泣悲なきかなしむがいとしさに、をつと姿すがたをまなび、ひたるひとなぐさめたる
甲冑堂 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
何しろ、泣悲なきかなしむというは、一通りの事ではない。気にもなるし、案じられもする……また怪しくもあった。ですから、悪いが、そっと寄って、そこで障子の破目やぶれめから——
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)