“忠信”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ただのぶ87.5%
たゞのぶ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“忠信”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「じゃあ、あの、親狐おやぎつねの皮で張ってあるんで、静御前がその鼓をぽんと鳴らすと、忠信ただのぶ狐が姿を現わすと云う、あれなんだね」
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
男が驚きの声を上げたので、ふと見上げると、生茂った造花の桜の枝越しに、菊人形のきつね忠信ただのぶの青白い顔がすぐ頭の上に漂っていた。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
これ、佐藤次信さとうつぎのぶ忠信たゞのぶ兄弟きやうだいつま二人ふたりみやこにて討死うちじにせしのち
甲冑堂 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
だう一宇いちう次信つぎのぶ忠信たゞのぶ両妻りやうさい
甲冑堂 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)