“あはせ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
96.2%
1.0%
1.0%
伴奏1.0%
併合1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頼み彌陀如來はせ給へと口の内今ぞ一期と看念なし水淺黄色の上に切繩馬の上にり付られ眞先には捨札紙幟を立與力同心警固
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
掘たる雪は空地の、人になきへ山のごとく上る、これを里言掘揚といふ。大家は家夫してたらざれば掘夫ひ、十人の力をて一時に掘尽す。
人家にちかきさへかくのごとくなれば、この二水源も雪にれ、水用ふのみならず水あがりのあるゆゑ、の人て流のかゝり口の雪を穿事なり。
殘らず話し此頃湯屋にて惡口されし事如何にも殘念に存て斯々はど盜みに入りしには非ずと申ければ是を聞て皆々三郎兵衞は人に非ずとみ四郎右衞門を憫然に思ひて町内申無盡
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
以て家財取上追放申付られ家主家財勘太郎家財とも權三助十へ下さるゝ間双方るべく住居致せと申渡され又勘太郎有金六十兩は彦三郎并に權三助十へ廿兩宛下し置れ權三は勘兵衞跡役となり町の事なれば當分心添
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いづこにかうち幻燈伴奏進行曲
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
、地気天に変格して雪となるゆゑ天のと地のなるとを併合六出をなす。六出円形也。