初看板はつかんばん
……つらつら考えてみると、こんな商売のくせに私はムッツリしてていったい、平常はあなたもご存じの通りに口が重たいほうなのに、しかもいたってそそっかしい。これはまあどういう生まれつきなんだろうと、ときどき情なくなることがありますが、ほんとにムッ …
作品に特徴的な語句
ひが スケ 乞食おこも 洋傘こうもりがさ なくな づら 居据いずわ 演題やりもの 柳枝りゅうし 真打とり 平均おしなら 帽子シャッポ うち だい 失敗しくじり おろか 一座しばい くさ 流行はやり 近来ちかごろ 美味おい あし 門付かどづけ 外見そとみ 嘉肴かこう とき 百川ももかわ かたき ひと 二人ににん 緞帳どんちょう 縮緬ちりめん 粗忽そこつ 笠碁かさご 渡船わたし 端唄はうた 肯綮こうけい やぶ 路金ろぎん 身空みそら みち いえど 頭取とうどり さけ とり かじ あんず 三進さっち 二進にっち 休席ぬき かぶと 判官ほうがん 南瓜かぼちゃ 咽喉のど 小対こむか 小想こそ 平常ふだん 御成おなり 懐中ふところ 手人てびと かみ 林中りんちゅう ひのき 水際みずぎわ 湯槽ゆぶね はげ 燕賀えんが うし 物価ものなり 猫久ねこきゅう 盲縞めくらじま 碁泥ごどろ