“指導”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しどう66.7%
しだう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“指導”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 経済 > 貨幣・通貨100.0%
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
このかたがこちらの世界せかいわたくし指導しどうしてくださる産土神うぶすながみのお使者つかいだったのでございました……。かく
ったかたのほうが、あたらしい帰幽者きゆうしゃ指導しどうするのに、まつわるなん情実じょうじつもなくて、人霊じんれいよりもよほど具合ぐあいよろしいともうすことでございます。
これ政府せいふ指導しだうまた消費節約せうひせつやく奬勵しやうれいわたつたとふよりも、むし國民自體こくみんじたい事柄ことがら必要ひつえうかんじてつたからだとおもふのである。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)