“指導振”の読み方と例文
読み方割合
しだうぶり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その所有者嶺上開花機會へるのでてられなくなるといふなルウルもあり、しろ近頃のやうに明確標準規約もなく、へるがうろえのしい指導振なのだから
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)