“ランプ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:らんぷ
語句割合
洋燈77.3%
洋灯15.3%
1.8%
安全燈0.6%
瑠璃灯0.6%
手提燈0.6%
晶燈0.6%
油燈0.6%
洋火0.6%
爛缶0.6%
石油燈0.6%
角燈0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もの優しく肩が動くと、その蝋の火が、件の絵襖の穴をく……その火が、洋燈の中へ、𤏋と入って、一つになったようだった。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼女が手にした洋灯を、卓子の上に置くのにも、その痩せた節高い指が、痛々しく努力するのを見て、法水は憐憫の情で胸が一杯になった。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
傍で双眼鏡を手にしているライトラアがそう言うので、ボクソウルもモウルスを持出して求援の意味の閃火を送った。しかし、依然として彼方の船には反応が現れない。
運命のSOS (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
峯吉の安全燈を発見した係長は、検屍も瓦斯検査もひとまず投げ出して事務所へとじこもり、不安気な様子で頭痛あたまを抱えていた。
坑鬼 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
係長はなに思ってか急にいやアな顔をすると、その安全燈を取り上げて、これも又同じように様子の変ってしまった浅川監督へ、顫え声で云った。
坑鬼 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
同時に、瑠璃灯の明りは何気なく元の光に返っている。彼はびッしょりと汗をかいていた。夢だったのか、と思い直した。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
サヤサヤと壁の紙銭の吊り花が灯影にうごいた。風もないのに、瑠璃灯の灯はボッとを吹いて、いつまでその灯はゆらゆら蘇生えりの冴えに戻ろうともしない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
で、早速ホームでは車掌、貨物掛等の指揮に従って貨物の積降が開始され、駅助役は手提燈で列車の点検に出掛けます——。
とむらい機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
亜喇伯夜譚』に名高いアラジンが晶燈さえせば現れた如意使者、グリンムの童話の廃兵が喫烟するごとに出て、王女を執り来った使者鬼など、万事主人の命に随うたが
何一つ欠けているものがあるだろうか? 芝居もあれば、舞踏会もあり、篝火油燈で照らされた庭園は、耳を聾するような楽の音とともに夜もすがら輝きわたっている。
はっと思って再び洋火を点じて見ると
月世界競争探検 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
机のに押立たは二本書函、これには小形の爛缶が載せてある。机の下に差入れたはの欠けた火入、これには摺附木死体ッている。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
屋内は、昼も石油燈が欲しいくらい。時おり、積雪のずれ落ちる音。どこかでフヒー、フヒー……と、うら哀しげな鳥の声。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
「もう十五分だ」と小林はポケットから時計を出して、角燈の光に透かして見たが、橋を渡る音がしてやがてプラットホームに一隊の男女が降りて来た。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)