“みすえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御裔44.4%
御末22.2%
御末裔11.1%
末裔11.1%
裔孫11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本には神代から和歌があって、それが神の御裔みすえみかどの廷に、絶えることなく承け継がれて来たという、昔ゆかしい信念であった。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
さて何ゆえにかくのごとく多くの名字がわがくににできたか、高きも低きもいっせいに、日の神の御裔みすえであるところの大和民族が、いかなる必要があってかくのごとく分れて行ったか。
名字の話 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
おれも天津日子あまつひこの遠い御末みすえのひとりなのだ。たれが此土このどの地獄をいのるか。同じ御民みたみの苦しみを計るか。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
口の減らないじじいめが、何を痴事たわごとかしおる! 我が日本ひのもとは神国じゃ。神の御末みすえは連綿と竹の園生そのうに生い立ちおわす。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
かく人間にんげん竜神りゅうじん子孫しそんそちとてももとさかのぼれば、矢張やはりさるとうと竜神様りゅうじんさま御末裔みすえなのじゃ。これからはよくそのことわきまえて
ところがいつか竜宮界りゅうぐうかいおとずれたときに、この弟橘姫様おとたちばなひめさま玉依姫様たまよりひめさま末裔みすえ——御分霊ごぶんれいけた御方おかたであるとうかがいましたので、わたくしひめをおしたもうこころ一層いっそうつよまってまいりました。
とうとかみさまの裔孫みすえとしての御名みなけがさぬよう、一はややくにもたたぬ現世げんせ執着しゅうちゃくからはなれるよう