“ひれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒレ
語句割合
80.3%
領巾6.1%
3.4%
領布2.7%
2.0%
0.7%
尾鰭0.7%
0.7%
0.7%
比礼0.7%
比禮0.7%
頭巾0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
カイヅの打ち、強い横馳けなどといふものは、一寸文字では表現しにくい、実際にその人の感覚に訴へないでは肯けるものではない。
釣心魚心 (新字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)
彼は領巾をたまさぐりながら、茫然と室の中にんでゐた。すると眼が慣れたせゐか、だんだんあたりが思つたより、薄明く見えるやうになつた。
老いたる素戔嗚尊 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
いどころか! 誰だって、賞めとるよ。ようでけた心のえお方じゃと……あの人柄だもん、悪くいわれるところなんぞ、なえじゃなえか……」
仁王門 (新字新仮名) / 橘外男(著)
領布を振つて私を呼ぶ 一もとの紅梅花 おおボン・ジュウル
山果集 (旧字旧仮名) / 三好達治(著)
夜が明けてから見ると舟の中に魚のが落ちていた。さしわたしが四、五尺ばかりもあった。そこでこれは宵に切ったであったということを悟ったのであった。
汪士秀 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
「何がつまんねえ? このままにしておきゃあ、何の役にも立たねえ荒地だ。それをこうしてえてみねえ、一段歩に何俵という米が出来るじゃねえか。」
土地 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
「地所は旦那のものでも、おいらがそれをえたんだ。」
土地 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
と云うのは、もはや贅言を費やすまでもなく、それは、はっきりとあの魔の衣裳——いつぞや儀右衛門に示されたところの、人魚の尾鰭形をした、図紋だったのである。
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そして我々を導き入れると同時に、三人はえ泳えていた悲しみが一時にを切ったように、俄破とそこに伏してしまいました。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
まことや金城鉄壁、天下も伏す葵の御定紋が、その切れ端たりとも駕籠の先にかかったならば、もう只の駕籠ではないのです。上将軍家のお召し駕籠も同然なのです。
そうすると、やさしい須勢理媛は、たいそう気の毒にお思いになりました。それでご自分の、比礼といって、かけのように使うきれを、そっと大国主神におわたしになって
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
かれその天の日矛の持ち渡り來つる物は、といひて、珠二、また比禮る比禮、風振る比禮、風切る比禮、またつ鏡、つ鏡、并はせて八種なり。
生きた金魚……真紅のをピチピチ躍らせて。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)