“ちぢ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
65.7%
千々23.1%
絿2.2%
2.2%
1.5%
仟口0.7%
0.7%
千千0.7%
0.7%
0.7%
縮却0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いや、飛び越えようとしたばかりではない。彼は足をめながら、明礬色の水の上へ踊り上ったと思う内に、難なくそこを飛び越えた。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
胸を打って、襟をんで、咽喉をせめて、思いを一処に凝らそうとすれば、なおぞ、千々に乱れる、砕ける。いっそ諸共に水底へ。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
絿れた髪をして、レエスの著いた襟を掛けて
黙示録に「天は巻物をくが如く去り行く」と歌うたも無理はない。青空は今南の一軸に巻きめられ、煤煙の色をした雲の大軍は、其青空をすらさじものをと南を指してヒタ押しに押寄せて居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
れた褐色の皮の上にほとばしる肉汁の香りが室内に漂うて人々の口に水をかしている。
糸くず (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
また鳥取の河上の宮にましまして、横刀仟口を作らしめたまひき。こをの神宮に納めまつる。すなはちその宮にましまして、河上部を定めたまひき
烏やが下りて来ると、彼等は身をめて後脚で地上に強く弾みを掛け、ポンと一つ跳ね上る有様は、さながら一団の雪が舞い上ったようで、烏や鵲はびっくりして逃げ出す。
兎と猫 (新字新仮名) / 魯迅(著)
すべてが千千りまじり
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
そこから見あげる位置にある恵庭の嶺にはまだ雪のひだが畳まれていた。六月だというのに、はるばる吹きおろして来る風は野の草や木をちりちりとませていた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
あの気違さんぢやどんなに寿めたか知れはしません。もうこれきり来なくなるやうに天尊様へお願ひ申しませう。はい、戴きませう。御酒もおいものですね。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
縮却項暗嗟吁 縮却め かに嗟吁
僧堂教育論 (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
そして今度は月がまる
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)