“風引”の読み方と例文
読み方割合
かぜひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美登利さんはんでる、るにての惡戯りませぬ、此間のやうに風引かうぞと呼立てられるに、はいますときくひて、其聲信如えしをかしく
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その妻は見るもき夫のに在る苦を片時も軽くせんとて、彼の外出見赦して、十度一度も色をさざるを風引かぬやうに召しませ猪牙とやらの難有き賢女の志ともき喜びて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
取次たず儀右衞門冷笑つてかんともせずさりとは口賢くさま/″\のがいへたものかな父親薫陶れては其筈ながらもう其手りはせぬぞよ餘計風引かさんより歸宅くさるゝがさゝうなものひてくものは
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)