“絶景”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぜっけい80.0%
ぜつけい20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“絶景”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「茶釜はひとまず休憩きゅうけい絶景ぜっけいかな、絶景かな、げに春のながめは一目千金ひとめせんきん……」
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
わたくしはあまりの絶景ぜっけいおぼえずはっと気息いきづまりました。
べつ海洋かいやう絶景ぜつけいながめやうともせられない。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)