“抱着”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だきつ75.0%
いだきつ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抱着”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 小説 物語(児童)9.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
どれも抱着だきつきもせず、足へもすがらぬ。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いきほひよき水兵等すいへいら歡呼くわんこむかへられて、輕氣球けいききゆうると、日出雄少年ひでをせうねんは、第一だいいち稻妻いなづま首輪くびわ抱着だきついた。
すなしろ海岸かいがんへんに、いぬ脊中せなかまたがつたり、くび抱着いだきついたりして