“首輪”の読み方と例文
読み方割合
くびわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
稻妻! お何處つたの、さあ、から競走だよ。』と、からつて、首輪をかけて、一散した。
後足でける、首輪をゆすぶる、頭をぐっと上へむけてをふりたてる、といったありさまです。
畜犬票が、くなったような、きさも、色合いも、そっくりでありましたので、もしこれを首輪にぶらさげておいたら、だれのにも、畜犬票えるであろうといました。
青い石とメダル (新字新仮名) / 小川未明(著)