“墨繪”の読み方と例文
新字:墨絵
読み方割合
すみゑ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
間近かつたのを、よくた。が、風呂敷けめは、四角にクハツとあいて、しかもめたるである。結目である。墨繪模樣八角である。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
はこれから内職なりなりして亥之助片腕にもなられるやうがけますほどに、一生一人いてさりませとわつとたてるをしめる襦袢墨繪紫竹にやるとれなり。
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
れたやうな眞黒暗夜だつたから、もすら/\と透通るやうにえたが、は、つた一面銀泥いた墨繪のやうだと、ながら、敷石んだが
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)