“もうもう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
濛々90.5%
朦々3.3%
濛濛2.5%
蒙々0.8%
惘々0.4%
朦〻0.4%
朦朦0.4%
濛〻0.4%
濠々0.4%
牟々0.4%
莾々0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
色のない焔はく内に、濛々と黒煙を挙げ始めた。と同時にその煙の下から、茨や小篠の焼ける音が、けたたましく耳をき出した。
老いたる素戔嗚尊 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
薄瑪瑙色の光であった。だが爪と足指とへは、灯明の火は届かなかった。で朦々と煙っていた。右足は地の上へ敷かれていた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
さうしてその四から、したやうなどす空氣が、息苦しいになつて濛濛車内した。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
あちらでもこちらでも、まるで松明行列を見るように、米軍の大小の飛行機が、火焔に包まれ、真黒な煙を蒙々と空中に噴き出しながら、海面へ向けて、落ちて行くのが見えた。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
あたかも林端に上れる月は一道の幽光を射て、惘々としたる浪子の顔を照らせり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
毎事朦〻としてゐたといふが、そればかりが原因か、或は都での訓諭に恐懼して、仮りにも尊族に対してに兵具を動かすことは悪いと思つた、しほらしい勇士の一面の優美の感情から
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
朦朦と湯気が立っている。プ——ンと異臭が鼻を刺劇く。その傍に黒々と、道服を纒った女がいる。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
気を留めて聞くとに別の音がある。ハテナ、あの辺か知らんと、その別の音のする方の雨煙濛〻たる見当へ首を向けて眼をると、もう心安げになった蔵海がちょっと肩に触って
観画談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
とたんに、高声器から、だだだだンと、はげしい機関銃の音が聞え、画面で見ていると、扉と向いあった壁から濠々と煙が出て来た。
牛の牟々程農村を長閑にするものはありません。道路も追々よくなります。村役場も改築移転し、烏山にも小学が出来、もとの塚戸小学校も新築されて私共に近くなりました。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
いて道衍の為に解さば、れ道衍が天にくるの気と、自らむの材と、莾々蕩々糾々昂々として、屈すからず、む可からず、す可からず、う可からざる者
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)