“ながしめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
流眄68.0%
秋波12.4%
流盻10.3%
流瞥2.1%
嬌睨1.0%
流目1.0%
流眸1.0%
流観1.0%
眄目1.0%
邪視1.0%
顧眄1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
法水は、神学との観念上の対立以外に、嘲笑を浴びたような気がしたが、ジナイーダは相手の沈黙を流眄に見て、いよいよ冷静にを続ける。
聖アレキセイ寺院の惨劇 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
それは美しい女であったが、珏の方を見てにっと笑って、何かいいたそうにしたが、やがて秋波をして四辺を見た後にいった。
阿英 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
魚屋の言葉を真実だとすると、擁剣蟹は白熱した太陽の正視を怖れているのみならず、また青白い満月の流盻をすらも嫌がっているのだ。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
時には蠱惑的の流瞥さえして、男達と何んのわだかまりもなく、時にはど性的の方で、無道徳だと思われる程にも、自由に大胆に話し振舞い、それが普通だとしている様子は、ろ私には快い
「まあ勿体ない若さま」双葉嬢は二杯の酒にぽっと眼のふちを染め、またとなきこの恩寵に対して飛切りの嬌睨をもって答えた。「——そんなに仰せられますと本気にお受け申しましてよ」
若殿女難記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
玩具店を張る老婦も、神前にく商人風の男も、袋物店の娘に流目を投げてゆく若者も、すべて神の使わしめの鳩のように、何の悩みもなく、無心の中に春の恵みを祝福しているのだった。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
本性わぬ生酔いの口は、酒よりもなめらかなり。千々岩は黙然としいる武男を流眸に見て、「○○○○、確か青物町の。あれは一時もうかったそうじゃないか」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「皇后を迎へた王と市民の喜びの流観は、俺の方にも見せて呉れるだらう、ちよつとぐらゐ。」こんなことを思つた。
闘戦勝仏 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
くはまゝでたが辛棒しきれなくなり、少年眄目を見て、
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
赤らめしが思ひ切てで御座ります然樣聞成れたらで御座りませうと云つゝ邪視に見やりたる其艷色さにナニ夫が眞實ならして/\此重四郎が身に取ては實に本望なりと云ふ人來りければ二人は素知らぬにて左右れ其藤澤へ歸りてよりお勇と相談小松屋文右衞門は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
只無智無自覚である此女にも、孤独の寂しさに堪へることの出来ない本能的慾望が、盲目ながらも根強く働いて居た。宇宙の大法則に引きずられて彼は今こゝに衆人の冷たい顧眄を慕うて来た。
夜烏 (新字旧仮名) / 平出修(著)