“りゅうべん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
柳鞭50.0%
流眄50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、玄徳のさえぎりなどは物ともせず、さらに、柳鞭をうならせて、督郵のからだを所きらわず打ちつづけた。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これも全身の姿勢に軽微な平衡破却が必要であったのと同じ理由から理解できる。眼については、流眄が媚態の普通の表現である。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)