“しりめづかい”の漢字の書き方と例文
語句割合
流眄100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とちょいちょい、新聞を見るようにしては、お妙の顔を伺い伺い、嬢があらぬ方を向いて、今は流眄もしなくなったので、果は遠慮なくめていたのが、なえた様な声を出して
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ええ、」とばかりで、お妙は俯向いて、瞬きしつつ、流眄をするのであった。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)