“いみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イミ
語句割合
意味70.1%
21.6%
2.2%
1.5%
1.5%
靈妙0.7%
微妙0.7%
意見0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これもなんの目的のために出來たものであるかはわかりませんが、やはり宗教的意味をもつてられたものであらうとはれます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
御息所がもう済んだだろうね。時はずんずんとたつからね。私が遁世の望みを持ち始めた時からももう三十年たっている。味気ないことだ。
源氏物語:40 夕霧二 (新字新仮名) / 紫式部(著)
権兵衛の伴れている下僚武市総之丞と云う男であった。総之丞は簣の一群をやりすごしておいて、ありそうに権兵衛を見た。
海神に祈る (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ユというのは「ゆゆしい」などのユで、の木または祝いの木のことであろうから、或いは最初門松などの下に立たせて、子どもにめでたいことをえさせる習いがあったのかも知れぬ。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
勿論「野分の又の日こそじう哀れなれ」と清少納言が書いた様な平安朝の奥ゆかしい趣味は今の人にも伝はつて居るから、野分と云ふびた語の面白味を感じないことは無いが
台風 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
下界としては靈妙じい! あゝ、あの女共立交らうてゐるのは、はづかしい白鳩りたやう。
一種宛靈妙じいなる效能のある千吸出だす。
微妙じくもまた瞑目りながら
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
同じ干支に生れた同年の者が交際するには干支の兄、干支の弟という意味で庚兄庚弟と呼びあい、その子や甥などは干支のさんという意見で、それを庚伯と呼ぶの風習があった。
水莽草 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)