“たすき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
98.1%
手次0.4%
手襁0.4%
手襷0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おみやは「はい」と答え、持っている手拭を絞って濡れたところを拭き、はしょっていた裾をおろすと、をとりながら出ていった。
天の兒屋の命太祝詞言祷ぎ白して、天の手力男の神一六、戸のに隱り立ちて、天の宇受賣の命、天の香山の天の日影手次けて、天の眞拆として一七
一七 ヒカゲカズラを手次にかけ、マサキノカズラをカヅラにする。神がかりをするための用意。
フトダマの命がこれをささげ持ち、アメノコヤネの命が莊重祝詞え、アメノタヂカラヲの神が岩戸に隱れて立つており、アメノウズメの命が天のカグ山の日影蔓手襁
長「手襷んなさい、忙がしかろうが、何もお前は台所を働かんでも、一切道具ばかり取扱ってればいんだ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
音羽小三郎の二人はを十字に綾取り、端折を高く取り、上締をしめ、小長いのを引抜き物をも言わずツカ/\と進んでまいり、今八橋周馬が敷台口へ下りようとする前に立塞りました。
三言とはばれもせずよりがけの甲斐/\しく、井戸端ればかげしにりて、すやうなさにれぬ、風呂風呂にてきからねど
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)