“上締”の読み方と例文
読み方割合
うわじめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というので、音羽は手早く上締を取り、疵口を幾重にも巻き、小三郎をわり
音羽小三郎の二人はを十字に綾取り、端折を高く取り、上締をしめ、小長いのを引抜き物をも言わずツカ/\と進んでまいり、今八橋周馬が敷台口へ下りようとする前に立塞りました。
筋金のったる鉢巻を致しまして、無地の眼立たぬ単衣に献上の帯をしめて、其の上から上締を固く致して端折を高く取りまして、藤四郎吉光の一刀に兼元の差添をさし、國俊合口を懐に呑み
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)