“きなが”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
気永46.2%
着流26.9%
氣長11.5%
著流7.7%
気長3.8%
氣永3.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
味方もせい/″\しろをけんごにこしらえて気永きながにかゝるよりしかたがないと仰っしゃって、そなえをきびしくあそばされ
盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「いや、気永きながに待たなくちゃだめだよ。世界中の汽船がここに集まってくるわけのものじゃあるまいし、もっとがまんすることだ」
恐竜艇の冒険 (新字新仮名) / 海野十三(著)
上田先生一日いちにち鉄無地羽二重てつむじはぶたえ羽織はおり博多はかたの帯着流きながしにて突然おとづれ来給きたまへり。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
やがて着流きなが懷手ふところでにて、つめたさうな縁側えんがは立顯たちあらはれ、莞爾につことしていはく、何處どこへ。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
矢張やは氣長きながしがるひとさがさないとそんだと叔父をぢ意見いけん同意どういして
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
なくば隱見ゐんけん出沒しゆつぼつ氣長きながわがふねあとうち
風采ふうさいもよく、背丈せたけもあり、同役は著流きながしが常なのに、好んで小袴こばかまをはかれました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
著流きながしのじゃらじゃらと、吉原よしわら遊里の出入などということも、看方みかたによっては西洋的な分子の変型であるかも知れないから、文化史家がもし細かく本質に立入って調べるような場合に、当時の医学書生の生活というものは興味ある対象ではなかろうかとおもうのである。
三筋町界隈 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
そちこち、気長きなが金子かねにして、やがて船一そう古物ふるものを買い込んで、海から薪炭まきすみの荷を廻し、追々おいおい材木へ手を出しかけ、船の数も七艘までに仕上げた時、すっぱりと売物に出して、さて、地面を買う、店を拡げる、普請ふしんにかかる。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
氣永きながつてればれでよいのです。