こぎ)” の例文
八人の船子を備えたるちに寄せたり。乗客は前後を争いて飛移れり。学生とその友とはややりて出入口にれたり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
手はすっかり退屈して、かわるがわる居眠りをする。ただひとり、銛師の北原だけは、暇さえあれば、沼の岸でひろった硬い泥炭の塊でコツコツと銛を作っていた。
地底獣国 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
楼婢を介して車をだが、深更仮托けて応じてくれ無い、止むを得ず雨をて、寂莫たる長堤をく城内までつけ、藤堂采女玉置小平太云う、藩政時分の家老屋敷の並んでいる
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
二人はに雪をつゝ(雪にあゆむを里言にこぐといふ)をかけてあひじてけるに、商人農夫にいふやう、今日の晴天に柏崎までは何ともおもはざりしゆゑ弁当をもたず
それでも近郷では屈指の分限者に相違ないと云う事、初子の父の栗原は彼の母の異腹の弟で、政治家として今日の位置につけるまでには、一方ならず野村の父の世話になっていると云う事
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
成るほど一理屈あるテ(大)サア一理屈あると仰有るは貴方もう半信半疑と云う所までつけました貴方が半信半疑と来れば此方の者です私しも是だけ発明した時はだ半信半疑で有たのです
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
かにやれ 勘太殿
桜さく島:春のかはたれ (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
櫓声して高らかに唱連れて、越中を満載したる五六の船は寄せたり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二人はに雪をつゝ(雪にあゆむを里言にこぐといふ)をかけてあひじてけるに、商人農夫にいふやう、今日の晴天に柏崎までは何ともおもはざりしゆゑ弁当をもたず