“運漕”の読み方と例文
読み方割合
うんそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それまで堀形のあったのを、って深く掘り下げ、船の運漕ができるようにするのだが、この長さ六百六十間。幅三十間。深さ二間半。
各方面の要路にたつ人間を、できるだけ多勢彼女の魅網に包みこまなければならない。ことに陸海軍、民間運漕関係の有力者を逃がすな。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
江戸に米一揆が起き、奥州米を運漕してお救い米を出す騒ぎになったが、政岑は、これも家督して間もない尾州名古屋の城主、従三位権中納言宗春と連れだって吉原へ出かけ
鈴木主水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)