“仕拂”の読み方と例文
新字:仕払
読み方割合
しはら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すかされ機械仕掛のあやつり身上松澤ももうよとされんは口惜しくなる新田後廻織元其他有金大方あつめて仕拂ひたるこそよりのことなれと平生ねらひすませし彼方より延期
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
なる松澤はさる商法上都合新田より一時れし二千許ことしは期限ながら一兩年つゞきての不景氣流石老舖手元かならず織元そのにも仕拂ふべきいとければ新田親族間柄なり是迄よりかへしからねばよもや事情あけて延期
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)