“しばい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シバイ
語句割合
芝居55.7%
演劇18.6%
演戯6.2%
劇場6.2%
司馬懿4.1%
3.1%
戯場1.0%
一座1.0%
四場居1.0%
大劇場1.0%
探偵劇1.0%
真打1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから、三人って、芝居を見に行きました。なにをやっていたか、もう忘れています。多分、碌々、見ていなかったのでしょう。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
でっぷりと肥えし小主計は一隅より莞爾と笑いぬ。「どうせ幕が明くとすぐ済んでしまう演劇じゃないか。幕合の長いのもまた一興だよ」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
新公が悶死したことにいていろいろの噂が伝わった。それによると、米が海産問屋の公子と立待岬から投身したのは、新公がくんだ演戯であった。
妖蛸 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
あの着物を買いたいの、此処へ往って見たいとか劇場きたいとか種々云い出して、チン/\をするくらい無理なのはありませんよ
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「たいへんです。司馬懿みずから、およそ十五万の大軍をひきい、真直ぐにこれへせてくる様子です」と、声を大にして伝えた。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この……県に成上の豪族、色好みの男爵で、面構風采巨頭公によう似たのが、興行のはじめから他に手を貸さないで紫玉を贔屓した、既に昨夜もある処で一所になる約束があった。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
役人が来て検視の際に、古い箱のなかから戯場の衣裳や松脂の粉を発見して、ここに初めてかれらの巧みが露顕したのであった。
又あるときは、戯場で用いる仏衣を買って来て、菩薩や羅漢の形をよそおい、月の明るい夜に家根の上に立ったり、樹の蔭にたたずんだりする事もある。
それからすこし経って師匠燕枝の一座で横浜へ行きましたが、このとき私が「本膳」を演ったら、その晩、年枝という兄弟子が私を万鉄という屋へ連れていってくれ、お前はたしかに出世をする
初看板 (新字新仮名) / 正岡容(著)
元禄年代には鳥居清信が『四場居百人一首』の如き享保年代西川風の『絵本百首』の如きまた長谷川光信鯛屋貞柳の狂歌に絵を添へたる『御伽品鏡』の如きものあり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
いわゆる三座と称せられた江戸大劇場濫觴で(中村座、市村座、山村座。そのうち山村座は、奥女中江島と、俳優生島新五郎のことで取りつぶされた)、堺町葺屋町にあった。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
あのね。妾もね……この劇場にも、探偵劇にも毛頭、未練なんかないんですけどね。折角、轟さんと一所に永年こうやって闘って来たんですから、せめての思い出に最後の一旗を
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「俺はこいつが可愛い。可愛いんだ。そのこいつの真打を邪魔立てするのはお前、俺に楯突こうてのも同じだぞ」
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)