“半死半生”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はんしはんしょう71.4%
はんしはんしやう14.3%
はんしはんせい14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ乾いた山砂の上にこまかいありが何匹も半死半生はんしはんしょう赤蜂あかはちを引きずって行こうとしていたのです。
手紙 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
半死半生はんしはんしょうどろねずみとなって、泣くにも泣けぬ蛾次郎先生、いのちからがら浜松の城下を、鷲にのって逃げだしたはいいが、夜に入るにしたがって
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
殘る長持が二つ、その中の一つを開けると二人の女の子が半死半生はんしはんしやうで轉げ出ました。
おなじやうなせつないゆめを、幾度いくたびとなくつゞけてて、半死半生はんしはんせいていつとわれかへつたとき亭主ていしゆが、
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)