“ひっこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
引込74.4%
引越10.4%
移転7.2%
引籠1.6%
0.8%
却後0.8%
引起0.8%
引退0.8%
落籍0.8%
蟄居0.8%
転宅0.8%
転居0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、すぐ町から小半町引込んだ坂で、一方は畑になり、一方は宿のの石垣が長く続くばかりで、人通りもなく、そうして仄暗い。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「また引越しをされたようですが、今度は、しいところらしいですね」このように、誰かが私達に聞いてくれるとすると
清貧の書 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
しかも、泡鳴が清子を訪れたのは十二月の一日がはじめてで、十日にはもう大久保移転している。
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「だって、こうして引籠んでばかりいらっしゃらないで、御出掛に成ったら可いでしょうに……」
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
頭山満の邸へ逃込んだ印度人がとうとう判らなくなったり、早大の佐野学が某所にんでいるんだなどと噂やら事実やらとにかく東京で有力な人の袖にれば、安全な事今も昔も大した変りはない。
鍵屋の辻 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
『外国事』にいう、毘呵羅寺に神竜ありて、倉中に往来す、奴米を取る時、竜却後む、奴もし長く取れば竜与えず、倉中米尽くれば、奴竜に向い拝すると、倉盈溢る(『淵鑑類函』四三七)。
さま/″\の評判が立ってちり/″\人が引起してしまうから、白翁堂も薄気味悪くや思いけん、此処引払って、神田旅籠町辺へ引越しました。
く鉄瓶の口へ顔を出した湯がり出しもし得ず引退んだり出たりしているに鍋は火にかけられる。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
世のいゝ時には一旦落籍んでもじきまたたものですが、当節のように世が悪くっては、芸妓もたいていではないので、落籍んだとしたら容易に出ません、あなた景気が宜くって御覧じろ
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
長く田舎に蟄居んでいる父親に物をくされた愚痴が、また言い出された。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
私共が転居して来た時、裏の家主で貸してくれたものだから、もしやと思って、私は早速裏のへ行って訊ねてみると、案の条、婆さんが黙って持って行ったので。
一寸怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)