“いろいろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イロイロ
語句割合
種々89.4%
種種4.1%
色々2.8%
色色0.9%
各種0.9%
千百0.5%
様々0.5%
百方0.5%
種〻0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すべて、私念といふ陋劣い心があればこそ、人間種々企画を起すものぢや。罪悪の源は私念、私念あつての此世の乱れぢや。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
種種の学理と種種の実験とから調べましたなら男女の区別の標準を生殖の点ばかりに取るのは間違かも知れません。
産屋物語 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
当時夏目先生面会日木曜だったので、私達びにきましたが、滝田さんはって玉版箋などに色々のものをいてわれたらしいんです。
夏目先生と滝田さん (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
この童謡は国国色色と歌ひくづされてゐます。し、みんなあのい円いつやつやしたお月様を、若い綺麗小母さまだと思つてゐます。まつたくさう思へますものね。
お月さまいくつ (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
電線のない時分であるから、初春の江戸の空は狭きまでに各種の凧で飾られたものである。その時分は町中でも諸所に広場があったので、そこへ持ち出して揚げる。
凧の話 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)
其処には又千百事情が御座いまして、私の身に致しますと、その縁談は実にるにも辞りかねる義理に成つてをりますので、それを不承知だなどと吾儘
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
其間に様々な事があったけれど、最早日記帳の紙がなくなったから、それは新しいのを貰ってから書く事にしよう。お歌さんは相変らず乃公の耳を引張る。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
泣くようにして頼んで見たけれど浩平はとして聞かなかった、百方手を尽して見たけれどもそれは全く無駄であった。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
何だか細かい線でいてある横物で、打見たところはモヤモヤと煙っているようなばかりだ。や緑や青や種〻彩色が使ってあるようだが、図が何だとはサッパリ読めない。
観画談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)