“もつと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
82.1%
15.5%
一層1.2%
一段0.6%
二十倍0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も生物の死滅は個体として、種属として、又全体より見て、如何にしても免れぬことで、生命の飛躍といひ、霊魂の不滅といふも
愛人と厭人 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
またさのくなるのはすぎで、秋田縣長木澤杉林甲州身延山千本杉には、さが三十五間もあるのがられます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
奧樣のお出來なされた處を見たり、ぴつたりと御出のとまつた處を見たり、まだ/\一層かなしい夢を見て枕紙がびつしよりに成つた事もござんす
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
全く世事を超脱した高士の、イヤ、それよりも一段俗に離れた、俺は生れてから未だ世の中といふものが西にあるか東にあるか知らないのだ、と云つた様な顔だ。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
さらばさもにはあらず、どころかきしよりは十倍二十倍し、さても、其色尋常えなば、根生ひのばらのさへ、絹帽まれたしとふならひを、美色にて何故ならん
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
も周三は近頃ろしい藝術的頬悶ツて、何うかすると、折角築上げて來た藝術上の信仰根底からぐらつくのであツた、此のぐらつきは、藝術家にりて、も恐るべき現象
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)