“離脱:りだつ” の例文
“離脱:りだつ”を含む作品の著者(上位)作品数
堺利彦1
泉鏡太郎1
泉鏡花1
海野十三1
“離脱:りだつ”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会科学 > 社会思想6.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
地方的ちはうてきまた國家的こくかてき思想しさう偏見へんけんまた愛着あいちやくから離脱りだつしたる。
したがつてまた、『地方的ちはうてきまた國家的こくかてき偏見へんけん』からは離脱りだつしてゐるつもりだけれども
ことにギンネコ号をおこらせ、現場から遠くへ離脱りだつするこうじつを相手にあたえてはこっちの大損であるから、電波でギンネコ号をさぐることはなるべく目だたないようにしていた。
怪星ガン (新字新仮名) / 海野十三(著)
ギンネコ号離脱りだつ
怪星ガン (新字新仮名) / 海野十三(著)
なやましさを、がけたきのやうな紫陽花あぢさゐあをくさむらなかむでひやしつゝ、つものくるはしく大輪おほりんあゐいだいて、あたかわれ離脱りだつせむとするたましひ引緊ひきしむるおもひをした。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)