“探險”の読み方と例文
新字:探険
読み方割合
たんけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其處何者かゞるに相違ない、か、魔性か、其樣へてられぬ、探險覺悟したので、そろ/\とつた。
柳川君當分御滯在でせうねえ、それから、西班牙へでもおりですか、それとも、めて、亞弗利加探險とでもお出掛けですか。
隨分無謀だ、今頃から深林つて探險するのは、けれどじたる吾等眼中には、なしといふで、二三んで、深林間近になつた時分れた。