“人樣”の読み方と例文
新字:人様
読み方割合
ひとさま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此年をして人樣口入れやら手傳ひやら、老耻ながらもまする、れどもしに苦勞出來ぬもの、つく/″\お夫婦きをるに
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
うぬ勝手にな、人樣迷惑けるもんぢやねえ。うめるな、ずうめるな。やい、こんなれねえぢや、とははせねえ。にたゝつくれるぞ、さあ、れ。はい、
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さし置てお光は家主長助方へ赴き貴君樣折入密々御願ひ申度一大事の出來候まゝ態々りしなり併し乍ら人樣の前にては申し上難きことなれば何卒内々にて御相談ひ上度とにより長助は如何にも承知なりとて早速自身の家内に向ひ其方は何方なりとも少しのてを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)