“咲亂”の読み方と例文
新字:咲乱
読み方割合
さきみだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りと咲亂れ晝と雖も花明りまばゆきまでの別世界兩側の引手茶屋も水道尻まで花染暖簾提灯軒を揃へて掛列ね萬客の出入袖を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さま/″\の引込むのをとしたが、當春天氣かに、のとろりと咲亂れた、を、川上散策した上流よりく、いて
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
吾等上陸した自然なる芝原青々として、其處此處に、れぬ紅白さま/″\の咲亂れて、がそよ/\とくたびに、からまでえならぬ香氣るなど