“咲乱”の読み方と例文
旧字:咲亂
読み方割合
さきみだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日の事、自分は昼飯をべて、あまりの徒然に、慰み半分、今も盛りと庭に咲乱れている赤い夏菊を二三手折って来て、床の間の花瓶にけてみた
鬼無菊 (新字新仮名) / 北村四海(著)
消え残る夕焼の雲のと、紅蓮白蓮咲乱れたような眺望をなさったそうな。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ここに、小さな唐草蒔絵の車があった。おなじ蒔絵の台を離して、をそのままに、から押すと、少しんで毛氈の上をる。それが咲乱れた桜の枝を伝うようで、また、の霞のを漕ぐような。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)