“乱咲”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みだれざき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乱咲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その門口かどぐちに、美しい清水が流るる。いや、水のようなつまこぼれて、脇明わきあけの肌ちらちらと、白い撫子なでしこ乱咲みだれざきを、帯で結んだ、浴衣の地のうすお納戸。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)