“花染”の読み方と例文
読み方割合
はなぞめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りと咲亂れ晝と雖も花明りまばゆきまでの別世界兩側の引手茶屋も水道尻まで花染暖簾提灯軒を揃へて掛列ね萬客の出入袖を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
恍惚した小児の顔を見ると、過日の四季の花染を、ひたりと目の前へ投げて寄越して、大口いて笑った。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
稽古の窓に向つて三諦止觀の月を樂める身も、一折りかへす花染幾年行業を捨てし人、百夜端書につれなき君を怨みわびて、亂れ忍草の露と消えにし人
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)