“百夜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ももよ77.8%
もゝよ22.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、京都の六角堂は、そこの精舎へ、叡山から百夜のあいだ、求道に燃え、死ぬか生きるかの悲壮なちかいを立てて通ったである。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼は上賀茂の神社の後ろの森の中に呪詛の壇を築いて、百夜の間吒幾爾密法を行じました。宗盛をい殺すために。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
百夜がきに、今や我も數書くまじ、只〻つれなき浮世とめても、命ある身のさすがに露とも消えやらず、我が思ふ人の忘れ難きを如何にせん。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
行平どのは根が公卿育ちの芋の煮えたも御存じなきノホヽンだから今度は御自身毎日車に召して深草の百夜通ひも物かはと中々な御熱心であつた。何しろ身分は伯爵の公達である。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)