“行業”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎょうごう60.0%
かうごふ20.0%
かうげふ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは覚者(仏陀にも等しい人)が自分を全部他の者の中に生かすというような宗教的行業において特別な場合もありますが、普通世上に生存する人達が
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
庭の松がしたる、暗き鐵燈籠の光に檐前を照らさせて、障子一重の内には振鈴の聲、急がず緩まず、四曼不離の夜毎の行業に慣れそめてか、の蟲のかん樣も見えず。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
稽古の窓に向つて三諦止觀の月を樂める身も、一折りかへす花染幾年行業を捨てし人、百夜端書につれなき君を怨みわびて、亂れ忍草の露と消えにし人
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)