“つまず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
89.9%
4.8%
2.2%
0.9%
0.9%
爪付0.4%
爪摺0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論、兇器は離さない。の足がつて、ともすれば局の袴にかうとするは、燃立躑躅の花のに、が狂ふやうである。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
自分はきもし、失望もし、迷いもした。しかし大体にいて彼女を救おうとした自分の方針を過まらなかったつもりだと書いた。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
状貌醜怪なるに九助大いに怖れを為し、是やて赤倉に住むと聞きしオホヒトならんと思ひ急ぎ遁げんとせしが、過ちて石にき転び落ちて、りて大人の傍に倒れたり。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
私もまたその狂いの中に生れて育って来たれな一人の男性に過ぎない。私はきどおしに跌いている。然し私の本能のかすかな声は私をそこから立ち上らせるに十分だ。
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)
彼はきながら、慌ててその傍へ寄って行った。
(新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
旅宿へ踏み込まれて、伯父は二階のから飛び下りる途端、庭石に爪付いて倒れる所を上から、容赦なくられた為に、顔がの様になったそうである。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
台石から取ってえした、持扱いの荒くれた爪摺れであろう、青々と苔の蒸したのが、ところどころられて、日のに、石肌の浮いた影を膨らませ、影をまた凹ませて、残酷にめた
縷紅新草 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
幸徳らは政治上に謀叛して死んだ。死んでもはや復活した。墓は空虚だ。いつまでも墓にりついてはならぬ。「もしの右眼爾をかさば抽出してこれをすてよ」
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)