“たんと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タント
語句割合
沢山68.6%
澤山15.7%
胆斗3.9%
多度2.9%
坦途2.9%
多量2.9%
丹徒1.0%
余計1.0%
多額1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「身に染む話に聞惚れて、人通りがもう影法師じゃ。世の中には種々な事がある。お婆さん、お沢山学問をした、難有う、どれ……」
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
久し振でお目にかゝつて何か申たい事は澤山あるやうなれど口へ出ませぬは察して下され、では私は御別れに致します、隨分からだを厭ふて煩らはぬ樣に
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「周善なれば、仕損じますまい。彼は、鼎をあげ、胆斗の如き大将で、しかも忠烈ならびなき大将です」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「私も花をあんなものにくれておくのは惜しいでやすよ。多度でもないけれど、商売の資本まで卸してやったからね」
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
四肢を以て匍匐する所の四足獣にりたるのひなし、悠然坦途むが如く、行々山水の絶佳し、或は耶馬渓ばざるの佳境ぎ、或は妙義山も三舎をくるの険所
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
左様なればのお蒔絵のお瓢箪へ、いお酒が参りましたが、高くって売りにくうございますから、あのお酒を入れて参りましょう、多量は召上りませんが、はお下物拵らえをいたしましょう
彼は、大勢の臣をつれて、丹徒という部落の西から深山にはいって、鹿、猪などを、おっていた。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私どもは深川に居ります時にも随分銭貰いは来ましたが、一分遣れば大概帰りました、一分より余計る訳にゃア参りません、はい女の身の上で有りますからねハイ、一分で少ないと仰しゃれば
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
多額でございましょうね、どうせ」
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)