“坦途”の読み方と例文
読み方割合
たんと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白堊の夕日にめけるを望みては、其家にすめる少女の美しきを思ひ、山巓に沈み行く一片の雲を仰ぎては、わが愁の甚だその行衞に似たるを嘆じ、一道の坦途漸く其の古驛に達したるは
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
四肢を以て匍匐する所の四足獣にりたるのひなし、悠然坦途むが如く、行々山水の絶佳し、或は耶馬渓ばざるの佳境ぎ、或は妙義山も三舎をくるの険所
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
ちに西北に向ひて、今尚茫々たる那須野原れば、天はく、地はに、唯平蕪の迷ひ、断雲の飛ぶのみにして、三里の坦途、一帯の重巒、塩原は其処ぞと見えて、行くほどにらず
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)