“雜煮”の読み方と例文
新字:雑煮
読み方割合
ざふに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はま、あをやぎの時節でなし、鰌汁可恐しい、せい/″\門前あたりの蕎麥屋か、境内團子屋で、雜煮のぬきでごと正宗であらう。
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
平次は熱い粥を吹き/\、雜煮も七草粥も忘れて飛んで歩く八五郎を見やりました。
これからるがい、雜煮でもはう。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)