“春頃”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はるごろ66.7%
はるころ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“春頃”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 撞球100.0%
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 射倖ゲーム100.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それはたしか去年きよねん春頃はるごろ池谷いけのやしんらううちでのことで
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
その夕月ゆうづきひかりしたに、おのがあわかげみながら、言葉ことばのあやも面白おもしろおかしく、いつおどりつ来懸きかかったのは、この春頃はるごろから江戸中えどじゅうを、くまなくあるまわっている飴売土平あめうりどへい
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
和田英作畫伯ぐわはくとは一昨年おとゝし春頃はるころしよ球突塲たまつきばはじめて御面識ごめんしきた。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)