合点がつてん)” の例文
旧字:合點
青邨はいつだつたかの淡窓の答へを思ひ出して、うにも合点の往かないらしかつた。で、立続けに今一つの質問を投げ出した。
つたには、からの工夫でねえでの、くまいやうにくと、五位鷺かぬ。真中すを合点には、幾度へてせてぜる。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「青雲の志ある者の軽々しく口にすべき語にあらず」とは燕雀生の独り合点なり。
念仁波念遠入礼帖 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
僕は由来を聞かないで独り合点をして居た方が一層興味が深かつたと思つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
ホイキタ 合点
ると、外聞なんぞつてはられない。まれたかされたか、山路夢中歩行いた言出すと、まではぬに……半分合点したんです。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
はず合点した。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)