“合点々々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
がてんがてん75.0%
がつてんがつてん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小さくんで、い方の手にその(ことづけ)を渡すと、ふッくりしたで、合点々々をすると見えたが、いきなり二階家の方へこうとした。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「じゃ、まだ出ないんだな」と野呂は仔細らしく合点々々しました。
ボロ家の春秋 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)