“よろい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヨロイ
語句割合
87.0%
9.3%
1.2%
甲鎧0.8%
戎衣0.4%
着物0.4%
鎧甲0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
呂州判官とは、日本軍にまできこえた明の豪将、一万の兵をえる呂州判官兵使柯大郎といって、紺地錦を着ていたのであった。
三両清兵衛と名馬朝月 (新字新仮名) / 安藤盛(著)
そのいでたちを見るに、緋房のついた鉢兜鋳物綴りの鍍金、下には古物ながら蜀江の袖をちらつかせ、半月形靴をはいた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その日に限って、黒皮を着て、南蛮鉄の兜をかぶっていた中村新兵衛は、会心の微笑を含みながら、猩々緋の武者のはなばなしい武者ぶりをながめていた。
(新字新仮名) / 菊池寛(著)
程なく近々と白波をわけて進んでくるのを見ると、その船上には、白い戦袍へ銀の甲鎧扮装ったすがすがしい若武者が立っていて、しきりと此方へ向って手を打ち振っている。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
手をに眼をじて聴く八十一のをはじめ、皆我を忘れて、「戎衣をぬらしうらん」と結びの一句んで、四絃一蕭然として終るまで、息もつかなかった。讃辞謝辞口をいて出る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
永年のひいき先——着物があるもないもなかった。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
この時、お館の方角から鎧甲の擦れ合う音、軍馬の鳴らすの音が幽かながらも聞こえて来た。刻一刻とその物音は邸を指して近寄って来る。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
皇帝は半ばの上に立ち上がった。勝利の輝きはその目に上った。