“せいおん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
静穏38.5%
声音23.1%
晴穏7.7%
清穏7.7%
清音7.7%
聖恩7.7%
西音7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついに維新の前後より廃藩置県の時に際し今日に至るまで、中津藩に限りて無事静穏なりし由縁なり。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
今まで間断なしに客が出入して、低い声音だの、高い哄笑だの、面白さうな笑声などがその一室に巴渦を巻いてゐたが——疲れ果てたやうな、早くさういふ人達から自由になりたいといふやうな
時子 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
皇叔。今日はこのあいだと違って、無風晴穏、かみなりも鳴るまいから、ゆるゆる、興を共にしたまえ」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
貫一はこの絵をる如き清穏の風景にひて、かの途上き流との為に幾度飛び肉銷して、むる無く掻乱されし胸の内は靄然としてぎ、恍然としてて忘れたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
四国の方にはススタマ・スズタマ等の清音の例があって、の実のスズなどが聯想せられるが、さらに今一段と古い時代にると、『倭名抄』その他の名彙にはツシタマ
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
またべつな辻では、塩飽ノ入道聖恩が、禅僧みたいに、辞世のをのこして割腹し、その子忠頼も、父にならって自害した。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
維新の、一異様の日を出現しれり。その名称いまだ一定せず、曇濁といい、損徳といい、また呑泥という。みな西音転訛にして、日曜日の義なり。それ日曜は七曜の一にして、毎週のなり。
日曜日之説 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)