“大同小異”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だいどうしょうい50.0%
だいどうせうい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大同小異”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 経済 > 貨幣・通貨100.0%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それぞれ味に良否の区別はあるが、大同小異だいどうしょういと知っておいてまちがいはない。
それからわたくしはよきほどにうめせいとの対話はなしげ、ほか妖精達ようせいたちしらべにかかりましたが、人間にんげんからればいずれも大同小異だいどうしょういあやしい小人こびとというのみで、一々こまかいことはわかりかねました。
頭巾の形状けいじやうは普通の外套頭巾ぐわいたうづきん或はエスモーの頭巾と大同小異だいどうせういなりと考へらる。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
同時どうじ外國ぐわいこくから直接ちよくせつ輸入ゆにふされるもの競爭品きやうさうひんあるひ類似るゐじ品物しなものみな大同小異だいどうせうい騰貴とうきするのである。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)